​Do you have

Evidence?

栄養機能食品制度の第三の波「機能性表示食品制度」が2015年4月よりスタートしました。これによって健康食品の事実上の所轄官庁は厚労省から消費者庁にバトンタッチされました。

新制度は、これまで部位や効能が表現できなかった薬事法規制時代より緩和され、エビデンスがあれば、効能をうたえる画期的な制度です。

広告テクニックに頼る薬事法時代から、健食マーケット拡大に資する制度であるとの業界の期待を担っており、すでに1200を超える品目が届出-承認されています。

反面、これまでの薬機法(旧薬事法)に加え、景表法の運用をクリアせねばならず、プレーヤーにとっては、効果的な広告をするためより煩雑な対応が要求される時代となりました。

さらに、2017年7月以降、景表法の運用は厳格化が進み、健食市場はブルーオーシャンとレッドオーシャンが入り交じる様相を呈しています。

私どもTFCリサーチは、機能性表示コーディネーターとして、適切な広告のためのチェックサポート、さらにWEBプロモーションを支援するサポーターとして、EC事業者様のお力になることをお約束いたします。

元々エビデンス作成、広告チェック、そしてエビデンス広告をすることは別のカテゴリーだと思われてきました。
ところが、関連法規が複雑に絡み合う現在、これら3つの要素は、常に三位一体で取り扱う必要が出てきました。
​TFCリサーチはこれらを一体として取り扱える数少ない会社の一つです。

 

​広告運用にブラックボックスを作らない。リスクを負うクライアント様が直接媒体に向き合うことで効率的な広告運用を実現します。詳細はこちらから

エビデンスがなければ

はじまらない!

SnapCrab_2018-6-13_16-9-35_No-00.png

 

機能性表示時代に必須の商材エビデンスの作り方についてはこちらから

広告チェックは

​全方位に!

 

薬機法に加え景表法の厳格運用でますます複雑化する広告表現。適法で効果的な広告をうつための方法はこちらから

代理店とは一味違う

​広告で効果を出そう!