機能性表示・エビデンス取得サービス

2017年7月、消費者庁は「打消し表示に関する実態調査報告書」を発表しました。これは、景表法/健康増進法の運用強化につながる実質上のガイドラインと言うことができ、これまで薬機法の適用が中心となっていた健食ECビジネスに大きな波紋を投げかけました。

 

 

 

 

 

 

それにとどまらず、今までは薬機法の埒外とみなされた機器、施術、明らか食品などの商品広告に関しても、本報告の精神が適用される事となり、EC広告全般に広告の裏付けとなるエビデンスが必要とされるようになりました。

消費者保護の観点からも、エビデンスなき広告は次第にNGとなって行きます。さらに、2018/6にはそれまで広告とみなされていなかったアフィリエイトまでも含めた措置命令が下されました。

では、どうやって、またどのようなエビデンスを取得し、どのように広告に活かせば良いのでしょう?

そして、薬機法では効能効果をうたうことがNGとされているのに、なぜエビデンスが必要となるのでしょうか?

TFCリサーチは、アカデミカルなバックボーンを備え、エビデンス試験のノウハウを豊富に積んだTFCラボスタッフが、最適な広告表現アドバイスを通じて、EC事業者様と共に、新しいエビデンス時代の広告を打ち出すお手伝いをいたします。

​もちろん、機能性表示、トクホの取得につきましても、パーフェクトに対応いたします。ぜひ、一度お問い合わせ下さい。

​TFCラボ公式サイト

http://www.tfclab.com/